ミノキシジルを通販サイトで購入!タブレットやカークランドとは?!

ミノキシジル

ミノキシジルを通販サイトで購入!タブレットやカークランドとは?!
LINEで送る
Pocket

ここではミノキシジルの通販サイトについて解説していきたいと思います。
カークランドやタブレット、女性とミノキシジルや、安全で本物の格安を通販サイトで購入する方法などを紹介していきます。
ミノキシジルの通販サイトを見ていきましょう!カークランド?タブレット?

ミノキシジルとは?!起源!

ミノキシジルは、アップジョン(現在のファイザー)が1960年代に開発した経口の降圧薬です。
アップジョンは元々、ジアリルメラミンで酢分泌阻害薬としての研究を進めていたのだが、無麻酔イヌでの実験中に降圧作用がある事が見つかる。
ジアリルメラミンの周りの化合物の中から、血圧を下げるのに最も適したミノキシジルを抽出。

1979年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に経口降圧薬として承認され、薬剤抵抗性の重症患者に最終選択薬として使われていた。
臨床実験中に副作用として、偶然にも患者から発毛が見つかった事から開発に取り掛かる。
1988年に外用溶液の発毛薬としてミノキシジル2%「ロゲイン(Rogaine)」を発売した。
現ファイザーのロゲイン5%の増毛治療薬

日本では1999年にミノキシジル1%の外用溶液「リアップ」が大正製薬から発売され、ダイレクトOTC1号医薬品となる。
(ダイレクトOTCとは、まだ厚生労働省に承認されていない新成分医薬品だが他国での実績などを鑑みて承認後すぐにOTC医薬品として販売する事を認めたもの)
CMでお馴染の水谷豊が宣伝する医薬品で、2005年には女性用の「リアップレディ」(ミノキシジル1%)、2009年からは新たに男性用の「リアップx5」(ミノキシジル5%)が発売されている。
市場を独占してきた大正製薬のリアップ、ミノキシジル5%も発売!

2018年8月のアンファー「メディカルミノキ5」(ミノキシジル5%)が発売されるまでは市場を独占してきた。
アンファーのミノキシジル5%を知りたい方は下記から

日本では頭皮に塗布する液体の外用薬しか承認されていないのだが、世界では経口の内服薬としても販売されている。
内服薬が発売されない理由は、副作用が強い為と言われていて降圧作用からくる血管拡張に伴い一部の方に発現する例がみられる。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの発毛作用は3っの事が挙げられる。
成長因子の促進、血流改善、毛母細胞の減少を抑える

1、成長因子や細胞の増殖、タンパク質の合成

毛乳頭細胞内にあるVEGFとIGF-1、そして毛包のHGFに直接作用する事で壮年性脱毛症(AGA)の抑制につながる。

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)
毛包周りの毛細血管を生成したり、細胞を増やしたりするタンパク質。
IGF-1(上皮系毛細胞の増殖因子)
ヒト頭髪毛乳頭に受容体と存在し、毛母細胞の産生や、毛包の成長期から退行期へ移行する作用を阻止する。
HGF(転写因子)
休止期から成長期へ移行する毛包の分泌を促進する作用を持つ。
2、毛細血管から毛包毛乳頭へ栄養素の取り込み

血管のまわりの平滑筋にATP感受性Kチャネル(KATP)が働きかける事で拡張され血流が改善されます。
毛乳頭には毛細血管が入りこんでいるので、心臓から血管を通り運ばれた栄養素が毛乳頭へ浸透し栄養状態が改善されます。(図解)

3、アポトーシスの抑制

私たちの細胞内には小器官のミトコンドリアが100~3000個ほど存在していますが、先程のATP感受性Kチャネル(KATP)がミトコンドリア内膜でのみアポトーシスを抑制する事が分かっています。
成長期の毛包がTGF-βによってアポトーシスが誘導される事で退行期から休止期へ向かい、髪の終末を迎えるのですが、このアポトーシスを抑制し毛母細胞の減少に効果を発揮します。(図解)
図解、毛根のメカニズム。毛包と毛乳頭、毛母細胞

ただの血管拡張から毛細血管の促進をしているだけではなく、様々な要因がミノキシジルの発毛作用を促してるのですね。

外用液と内服薬の副作用

副作用としては下記が挙げられます。

  • かゆみ
  • 発疹
  • 低血圧
  • 動悸
  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • 性欲減退

効果からも分かりますように血管の拡張作用があるので、そこに伴い発現する作用です。
何かに似てると思ったら、同じ血管拡張作用を持つバイアグラですね。
作用させる働きは違いますが、降圧作用から血管拡張による副作用なので非常に似ています。

内服薬の方が副作用が強いと言われていますが、人に寄り切りです。
私、個人としては感じた事がありません。

一般的な見解ですと、かゆみや発疹は外用液に多い副作用で、動悸や性欲減退は内服薬の一部の方に見られるようです。

服用者と薬との相性もありますし、1%→2%→5%など少量で試しながら増やしていく方法で副作用がないか確認していきましょう。
ミノキシジルの副作用に注意、試しながら徐々に%を上げていきましょう。

ミノキシジルのジェネリック、カークランド!

ミノキシジルのカークランドとは、ロゲインのジェネリック医薬品です。
製造元はアメリカの会員制倉庫店「コストコ」でプライベートブランド医薬品になります。
(日本にも、2013年頃から上陸し主要地方都市に大型店舗を複数構えていますね)
ただし、ミノキシジルは厚生省に承認されたものであっても第一類医薬品なので、薬剤師による適正使用の確認が必要で、薬局やドラッグストアでしか販売しておりません。
コストコのカークランド、日本では未発売です。
(日本では個人輸入代行の医薬品通販サイトでないと買えないカークランド)

リアップx5やメディカルミノキ5がアマゾンや楽天で購入が可能となっていますが、必ず使用者の適正チェックを設けています。
(まぁ形式だけの簡単なチェックボックスシートですが)
その後に薬剤師が確認して発送手配してくれる感じですね。

それではカークランドのミノキシジルはどれくらいの価格か見比べてみましょう。

薬品名
(ミノキシジル5%)
価格 1日量
換算
メディカルミノキ5
60ml
¥7,800 ¥260
リアップx5プラス
ローション 60ml
¥7,611 ¥254
ロゲイン 60ml ¥5,000 ¥167
カークランド
フォーム泡 60ml
¥4,280 ¥143
カークランド
スポイト式 60ml
¥3,800 ¥127

うーん、日本で発売されているミノキシジルよりは安いのですが、1日払う金額として100円を超えてるのは2018年の今の時代に少しお高い様な気もします。

ここ最近ミノキシジルを知った方は、入口がリアップだったりメディカルミノキ5だと思うのです。なので安い方に目がいきがちになるのですが。

ロゲインやカークランドはミノキシジルとしては値段も安いし古株で実績はあるんですが、以外にも使用感が良くないんですよね。

カークランドの使用感想

私ごとですが、経験者が語ります。
液ダレが起きるので1mlでは足らず毎日3mlくらい塗りたぐってしまうので、すぐになくなる恐れもあります。
それに朝、塗布しなければならないので面倒くさいし、白い結晶が残るので整髪料との混じりも不安になります。
発毛効果のある外用溶液を頭皮に塗布している様子
飲んで夜帰った時も、忘れて寝ちゃいますね。

まだカークランドよりは改良されているメディカルミノキ5の方が、現代の日本人向けの医薬品と言えるのではないでしょうか。
白い結晶などが残らない様に製造されていますし、防腐剤や炎症を抑えて血行を促進する成分なども配合されています。

しかしながら、ミノキシジルは内服薬のタブレットが海外で簡単に安く入手できるように個人輸入代行の通販サイトも人気となっています。
価格や値段の仕組みを知って通販に切り替えよう!

ミノキシジルの内服薬タブレット!

ミノキシジルタブレットとは、ロゲインの経口薬、ロニテンタブレットのジェネリック医薬品です。
経口薬なので、口から錠剤として服用して、肝臓から血液へ吸収させていきます。
体内から頭皮の毛細血管へ成分を浸透させていくので、外用液のミノキシジルよりも効果が高いと言われています。

手っ取り早いんですね、錠剤の方が煩わしくなくて。
液体を毎日頭皮に塗る必要がないし、1日1回1錠飲むだけです。
ミノキシジルを服用する女性。

私も毎日、塗布していた時期があったのですが、途中から経口内服薬に切り替えました。
「塗るの面倒な時は、錠剤を服用する」といった変則的なパターンから始まりましたが。

ミノキシジルタブレットはミノタブと略して言われる事が多い昔から人気な医薬品です。
特にお馴染なのが、シプラ社製造のミノタブで画像は下記になります。

シプラ社のミノキシジルタブレット、略してミノタブ5%
(ミノキシジルタブレット5%の人気ジェネリック医薬品)

プロペシアで言う所のフィンペシアみたいなものですね。

外用液ミノキシジルと別で通販サイトでタブレットを買っておくのが、イザって言う時に役に立ちます。

内服薬のメリットは、効果が強い上に値段が安い所です。
価格の差を見てみましょう。

薬品名 メディカル
ミノキ5
カーク
ランド
スポイト式
塗布、外用液
ミノキシジル
タブレット
内服薬
内容量 60ml
(5.0g/
100ml中)
60ml
(5.0g/
100ml中)
100錠
(1錠5%)
1日量 2ml
(朝・夜/1ml)
2ml
(朝・夜/1ml)
1錠
(就寝前1錠)
期間 1ヵ月分 1ヵ月分 3ヶ月
10日間分
金額 1ヶ月
7,800円
1ヶ月
3,800円
3ヶ月10日
3,600円
1日
あたり
260円 126円 36円
1年間
金額
94,900円 45,990円 13,140円
5年間
金額
474,500円 229,950円 65,700円

年間と言うよりも数年~数十年の付き合いと考えたら、果てしない金額の差が出てくるのですね。
ジェネリックに切り替えて余ったお金は他の育毛剤に回しましょう。

内服薬のデメリットとしては、一部の方に副作用が強く出る場合があると言う事です。

外用液と服用日を交換しながら、確認していきましょう。
例えば外用液を2日塗ったら、次の日はミノタブを1錠服用して、又次の2日間は外用液で・・・・。
これを繰り返していけば、徐々に症状を確認できます。

滅多にない症例なので、見つからない事がほとんどです。
むしろ、外用液のかゆみの方が可能性大です。
ミノキシジルによる結晶粉末の残りと頭皮の痒み

他にも、長い付き合いになる成分になるので、代謝器官である肝臓などのチェックも忘れない様にしといた方が良いでしょう。

ミノキシジルを安全な格安通販サイトで購入しよう!

ミノキシジルのタブレットを通販サイトでご購入する場合は、下記の格安サイトをご推奨させて頂いてます。

薄毛の対策、抜け毛防止や増毛効果の通販サイト ご注文はこちらから

私が長年購入しているサイトですので、安全の発毛実感は保証済みです。
まぁ個人輸入代行のサイトですので、海外製品にはなりますが。
デメリットは、注文した日から到着までに1週間~2週間くらい日数が必要です。
前もって予備も早めに頼んでおく事が、コツですね。
後は10,000円超えたら送料1,000円が無料になるので、ご本人でうまく必要な医薬品を調整してみて下さい。
ロニタブやカークランド、プロペシアやフィンペシアなども販売しています。

一番売れているのが、フィンペシアとミノキシジルタブレットのAGA治療薬セットですかね。
インターネットで主流のアイドラッグな二医薬品です。
フィナステリドとミノキシジルタブレットのセットが商品到着。

ミノキシジル初心者の方は、プロペシアをご存じない方もいらっしゃると思いますので、プロペシアの分かりやすい解説は下記でリンクしています。

写真や画像付きで効果も分かるように各ページで紹介していますので、ごゆっくり閲覧して頂ければと思います。
ありがとうございました。

著者プロフィール写真

高橋 優一 医療コンサルタント

著者プロフィール

薄毛治療薬の育毛剤通販はAGAヘア薬局
運営責任者:高橋 優一

医療コンサルタントに携わる、個人事業主の39歳。

近年、中高年の方が多くのストレスを抱えている事もあり、ED(インポテンツ)やAGA(男性型脱毛症)の発症が著しいように思う。

私自身が同じ悩みを抱えていたものとして、その治療法や解決に少しでもお役に立てたらとサイトを立ち上げました。

初心者の方でも分かりやすく巷で噂の治療薬や最新の医療をお伝えしていけたらと思います。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(2 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。