フィナステリド錠1mg

フィナステリド錠1mg副作用で胎児や子作りへの影響を考える。危険なのか?

プロペシア プロペシアの副作用 フィナステリド錠1mg

フィナステリドの副作用による胎児への影響や子作りは大丈夫?

フィナステリド錠1mgは世界的に大ヒットしているプロペシアのジェネリック版です。プロペシアは抜け毛を防ぐ効果や、発毛する効能、髪を太くする作用もある事で知られている。フィナステリド錠1mgはプロペシアの主成分をなぞらえたもので作用機序は同じである。しかし服用前の段階で注意しなければならない事がいくつかあるので解説致しましょう。子作りの胎児への影響や女性が薬剤に触れる事について紹介していきます。

続きを読む

フィナステリド錠1mgのジェネリックをおすすめランキング!価格を知って通販しよう!

プロペシア フィナステリド錠1mg フィンペシア

フィナステリド錠1mgのジェネリックをおすすめランキング!価格を知って通販しよう!

フィナステリド ジェネリック錠1mgの価格が安いサイトは何処なのかをランキング形式でお伝えします!一番安全・安心に通販出来るサイトを見つけて、手軽に購入しましょう。フィナステリド ジェネリックを完全に理解して、AGAと言われる男性型脱毛症の抜け毛や薄毛の原因を突き止め早期の対策で治療をしてハゲを克服しましょう。

続きを読む

< 1 2

フィナステリド錠1mg全解説!効果や副作用、価格から通販購入まで!ジェネリックも!

ここではフィナステリド錠1mgについて大まかな概観を捉えていきます。
効果が出るまでの期間や副作用で子作りの影響や初期脱毛、フィナステリド症候群の紹介。
最後にファイザーの価格やジェネリックを販売店で通販購入する方法などを解説していきます。 フィナステリドを全解説!効果や副作用から通販購入まで

フィナステリド錠1mgとは

フィナステリド錠1mgをご存知の方は、プロペシアもご理解があると思います。
プロペシアはMSD社(メルクアンドカンパニー)が開発や製造を手掛けるAGA治療薬です。
AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、中高年になり髪の毛が抜けていく薄毛の原因の一種で少し前の時代までは対策は不可能と言われていました。
しかし、プロペシアの誕生により薄毛で悩む男性に劇的な改善効果が見られました。
今では世界でも60か国以上で承認され処方薬として使われています。

プロペシアの主成分はフィナステリドと呼ばれ、このフィナステリドに「錠1mg」と記載したのがプロペシアのジェネリック医薬品と呼ばれるものです
日本の国内では「ファイザー」「トーワ」「サワイ」が主に処方されていて、インターネットでは「フィンペシア」を通販で入手する事が日本の方では多いようです。

フィナステリド錠1mgの効果

フィナステリドは、Ⅱ型5αリダクターゼ(5α還元酵素)阻害薬と呼ばれています。
テストステロンと呼ばれるホルモンは、子供の生殖器を発育させる為に必要なホルモンなのですが、成人をこえて中高年になってくると5αリダクターゼと結合して、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し薄毛の原因となっていく恐ろしいホルモンなのです。
DHTはヘアサイクルと呼ばれる髪の毛の寿命を短くして毛根を閉じようと働きかけます。
しかし5αリダクターゼを阻害すれば、DHTが発生しなくなるのでヘアサイクルの乱れを改善出来る方向へ進む事が分かったのです!
下記でもっと詳しく解説しています。

フィナステリドの効果が出るまでの期間!

フィナステリドの効果が出るまでの期間は大よそ半年から1年と言われています。
早い人では三ヶ月で効果を表す人もいますが。

[用法・用量に関連する使用上の注意]
3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。
また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。
なお、増量による効果の増強は、確認されていない。

半年で効果がわかっても継続する事が重要です。
1年~3年~5年クラスになると、改善効果の%が上昇傾向にあります。

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版によると、

  • 3,927名被験者の12ヶ月~24ヶ月を観察した結果、脱毛部1c㎡あたりの硬毛数がプロセボ群より有意に増加した。
  • 414名の日本人で1mg/日を48週間後に観察した結果、58%が軽度改善の以上の効果。
  • 801名の方は5年間継続服用し、写真による評価で99.4%の効果を得られた。

特に40歳以下や重度AGAではない患者に高い数値を示したと記載があります。

本来高齢者などのAGAを放置した状態ですと、毛根が死滅していきます。
頭皮内部にある髪の毛の根本、毛乳頭や毛母細胞が活動をやめてしまう状態ですね。
特に前頭部の前から薄毛が進行していくのは、遺伝の影響もあり早めにフィナステリドを服用しないと後退していきます。

つまりAGAが進行し過ぎていると、復活させるの難しいので早めに服用すればするほど良いと言われるのはこの為です。
完璧に若い頃の髪を取り戻せる訳ではありません。
5年間の復元が限度とも言われています。
「失われた5年」と言いましょうか、薄毛に悩む期間が長い程、髪は失われていくのです。
AGAは早期対策を!と心掛けておきましょう。

このカテゴリページではフィナステリド錠1mgの詳しい情報ページへリンクしています。
「続きを読む」からご興味のあるページをご閲覧下さい。

下記は正規品取扱店の通販サイトになります。